header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ポケモン最速142体ゲットで話題になった米国のニック・ジョンソン氏から考える「結果の出し方」

ポケモンGO、世界遠征で145体コンプのマスター出現。最後は限定のガルーラ、助言は「前を見て周りに注意」

ポケモンGOを最速でコンプリートしたアメリカの人、ニュースになってたのは知っている人結構いるかもしれません。

その彼がその後どうなったのか知っていますか?

それが今回の記事の内容です。

ポケモンGO、世界遠征で145体コンプのマスター出現。最後は限定のガルーラ、助言は「前を見て周りに注意」

記事の通り、今度は取り残してしたポケモンをゲットしに世界を旅していたというもの。

ジョンソン氏は米国での配信開始7月6日から約2週間でこの142体ゲットを達成し、残りの3体を手に入れるツアーのスポンサーを求めていました。

スポンサー募集に応じたのは、航空券や旅行の手配がエクスペディア、ホテルはマリオットグループ。ジョンソン氏によると、まずパリで 欧州限定の Mr. Mime (バリヤード)をゲット。続いて香港でアジア限定の Farfetch’d (カモネギ)を捕まえ、最後にはオーストラリアのシドニーでオセアニア地域限定のKangaskhan (ガルーラ)を入手して145体コンプリートを達成したとのこと。

引用: ポケモンGO、世界遠征で145体コンプのマスター出現。最後は限定のガルーラ、助言は「前を見て周りに注意」
スゴイですよね。

自費ではなく、スポンサー募集して残りのポケモンをゲットしていたなんて!!

一番になるとどうなるか?
何ができるか分かると思います。

でも、大事なのは全部集めたら「スポンサー募集」するということを考えていたかどうか?

ポケモンを集めるだけじゃない。

その次の行動をすぐに起こした結果が今回の結果になっている。と考えると、私たちの情報発信した次を考えておくこと大事ではないでしょうか?

———————————————————————————————

この記事はラインブログからの転載記事です。

続きは下記勉強会でお話ししています。
ご興味があればご参加くださいね。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ