header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

SNS時代の正しいニュースの見方〜つながらない技術

アメリカ人の62%がソーシャルメディアでニュースを読んでいる(Pew Research調査)

ソーシャルメディアの使い方の一つに情報収集というのがある。

ソーシャルメディアは友達とのコミュニケーションだけでなく、
世の中の動きニュースを知るという使い方もある。

SNSのフィードには、
新しいニュースが次々と表示されている。

それを私たちは毎日見ているのだ。

SNSから知るニュースも多い。

Pew Researchの最新調査によると、62%の人々はニュースをソーシャルメディアから得ている。うち18%は非常に頻繁に。

予想通り、最大のソーシャルメディア情報源はFacebookだ。

調査によると、Facebookユーザーの2/3が、同プラットフォームでニュースを読み、Twitterユーザーの59%、Redditユーザーの70%が、それぞれのプラットフォームからニュースを取得している。

ユーザー基盤のサイズを考慮すると ― Facebookは米国成人の67%が利用しているのに対して、Twitterはわずか16% ― 全米の約44%がFacebookでニュースを読んでいてトップだ。
続くTwitterとYouTubeでは、人口の約10%がニュースを入手している。

引用:アメリカ人の62%がソーシャルメディアでニュースを読んでいる(Pew Research調査)

アメリカでの調査によると、SNSからニュースを得ている人が多いという結果があるという。

私たちのtwitterやfacebookを覗いてみても、
そこにはニュースが表示されている。

一つは、インスタントアーティクル。と呼ばれる。
マスメデイアのニュース。

facebookには、マスコミのニュースが直接フィードに流れてくるのだ。

そして、もう一つが「ニュース速報」的なニュース。

これは友達のシェアやリツイートなどで流れてくることが多い。ニュースサイトやマスコミのSNSアカウントの情報がつながりから流れてくるのだ。

これらのニュースは、
どの様に表示されるのだろうか?

私たちが見たいものが見たい様に流れてくるのだろうか?

SNSの投稿/表示の仕組みをもう一度確認してみよう。

それを理解した上で、
どの様にニュースを受け取るのか〜を考えるべきだろう。

続きは下記勉強会でお話ししています。
ご興味があればご参加くださいね。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ