header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

必要に合わせてつながれば良い〜つながらない技術

熊本地震、SNS活躍したけど...課題は高齢者世代への情報伝達

ソーシャルメディアはつながり。
何十回、何百回。と聞いている。

では誰とのつながりだろうか?

友達?
家族?
仕事仲間?

それとも??

いろいろなつながりがある。

人によっていろいろなつながりがある。

今回、SNSで支援物資が届かないことを知らせたり、営業しているスーパーや配給している場所を拡散し、SNS利用者はすぐに行動ができたのですが、SNSを利用していない人や年配の人は情報が入るのが遅くなり、ここで情報格差が生まれました。

東日本大震災の時は、その格差をなくすために早急に臨時のFMが開設されラジオで細かい情報が発表されていました。被害の大きかった益城町も早急にFMを開設して情報を流しているそうです。

引用:熊本地震、SNS活躍したけど…課題は高齢者世代への情報伝達

つながり、それは人それぞれ。

つながれる人もいれば
つながれない人もいる。

使ってない人にどうやってつながるか?

できないことを相手に求めるのではなく、
それぞれに合わせたつながり方をすることも重要だ。

ソーシャルメディアとは、こういうつながりを生み出していることも事実としてあるのだ。

続きは下記勉強会でお話ししています。
ご興味があればご参加くださいね。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ