header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

過去にSNSへ投稿したの記事の価値をどう考えていますか?〜つながらない技術

ソーシャルメディアには投稿する記事。
それはどういう価値を持っているのか?

投稿の価値を考えてみたことはありますか?

いろいろな人がいろいろな内容の投稿をする。

それは人によっては価値があり
またそれは人によっては価値がないかもしれない。

投稿の価値を意識しよう。

ベリタステクノロジーズは5月13日、企業がどんなデータを保管しているのかを調べたレポート「データバーグレポート」の内容を紹介した。同社が第三者機関に委託して作成したレポートで、22カ国2250人(日本人は約100人)のIT意志決定者を対象に調べた。

 調査結果のハイライトはこうだ(図1)。日本企業が保有するデータのうち価値のある“クリーンデータ”は12%しかない。残りは、価値がないと分かっている“ROTデータ”(Redundant、Obsolete、Trivial=冗長、陳腐、無駄)が33%で、価値があるかないか分からない未分類の“ダークデータ”が52%だ。

引用:「ストレージは無限で無料」ではない–価値のないデータの保管に年間7840万円

今回の記事では、日本企業が保有するデータの33%が価値がなく。価値があるかないか分からないデータが52%。という。

私たちもfacebookやツイッターなどのSNSに投稿しているデータがある。
そしてそれらは溜まっていく一方だ。

それらの過去に投稿したデータの価値はあるのかないのか?

運営会社には価値のあるデータでも、
あなた自身はそれに価値を感じているのか?

暇だから投稿する。
それではもったいない。

タイミングが合えば、
大きな価値を持つ投稿になるかもしれないのだ。

そして、SNSのつながりから何が価値のある投稿なのかを考えること

SNSを活用しようと大事な時間を使うのなら
投稿の価値を考えることも大事なことなのです。

続きは下記勉強会でお話ししています。
ご興味があればご参加くださいね。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ