header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ユーザーからは不評のInstagramの広告、インスタグラムCEOはどう考えているか?

インスタグラムCEOに聞いた「あの広告って、どうなの?」

SNSは無料ですが、その運営にはお金がかかります。

私たちは無料でも、そのSNSが継続運営されるには、どこからか運用するための資金が出てくる必要があります。

資金の出所は、
いくつかあります。

その一つが「広告」というものになります。

今回その広告について、Instagramがどのような見解であるのか?を確認しておこう。

運営側には必要な物

ーーところでInstagramには最近広告が表示され始めました。でもその広告は、おしゃれでかわいい空間には合わなくて不評のようです。認識されていますか。

マイク:我々としても広告という商品では、なるべく関連性のあるものをお見せしたいと思っている。例えばメンズファッションに興味がある、スポーツに興味があることがわかるアカウントであれば、そういったものの広告を見せるようにしている。

まったく自分と関係のない広告が入ってきたら、ユーザー体験としても良くないというのは感じているので、そういった良くない瞬間をなるべく小さくしたいと思っている。

ただ、いまおっしゃったように、我々は広告を始めたばかり。フィードバックを得ながら、そして試行錯誤を繰り返しながら、良い体験をしてもらえるようにしたいと思っている。

引用:インスタグラムCEOに聞いた「あの広告って、どうなの?」

Instagramの広告が不評であるというのは、「Instagramファンの半数以上が、広告の増加に不満【調査結果】」の記事から読んでもらうこととして、記事から分かることは、

Instagram社は広告を必要としている

ということ。つまり、Instagramの中に広告を表示させること、
広告を今の所やめないということが分かる。

Instagram社は、facebook社に属していることから、
facebook社の広告戦略を知っている。

そこでfacebook社の収益を確認してみよう。

Facebook、絶好調のQ4決算で株価は12%の急騰

上記のリンクで見てもらうと分かりますが、
facebook者の主な収益源は広告であることがわかります。

そういう意味で考えれば、Instagram社は広告をしない。というよりも、facebook社の広告ノウハウを利用して広告収入の仕組みを作ろうと考えるだろう。

今のInstagramユーザーからは、
広告は好かれていない。

これからのInstagramの広告戦略、
どのようにするのか?

要チェックですね。

続きは下記勉強会でお話ししています。
ご興味があればご参加くださいね。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ