header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

上がったり下がったりするもの。一喜一憂しないこと。

Facebook投稿が2ケタ減

Facebook投稿が2ケタ減。

という記事を見つけました。

現状では減ですが、次回の調査では元に戻るかもしれないし、さらに多くの投稿がされているかもしれない。

減っている。ということで終わらせるのではなく、そこから何を学ぶか?

どうやって維持するのか?

友だちとつながって、シェアされた投稿にいいねでコミュニケーションを重ねる以上のものを目指し、いろんなコンテンツやアプローチで利用サービスの多角化に走っているFacebook。そうはいっても、肝心のユーザーからのプライベートな投稿が落ち込んでしまっては、全体的な利用率の伸びも大きく頭打ちしてしまうことでしょう。ここは死守しなければならないポイントでもあるでしょうね。

なお、同じくリークされた最新データによれば、2016年と2015年では、ユーザーが発信するパーソナルな投稿シェアの頻度の落ち込みは、やや速度が鈍って15%減にとどまっていると報じられています。それでも、Facebookとしては、投稿離れを1ケタ台の減少にとどめたいというのが本音でしょうか。以前のように、やたらとなんでもFacebookで投稿しまくるユーザーが減っているというのは、もしかすると歓迎すべき利用実態でもあったりするかもしれませんが、再びFacebookの利用が爆発的に伸びる時代へ転じることもあるのかな?

引用:Facebook投稿が2ケタ減

インターネットの流れを見てみると、ホームページ〜ブログ、メルマガ、mixi〜twitterなど、いろいろなサービスがあることがわかります。

それらを利用している人もいれば、
それをもう利用していない人もいる。

新しいサービスが出てきたから、
古いサービスが終わってしまうこともない。

物事は右肩上がりなことばかりではない。
上がったり下がったりするもの。

記事にも書いてある通り、やたらめったら投稿されまくるのが減ることは歓迎すべきことかもしれない。ということもある。

だからこそ、これからのfacebook社としての動きを注目してみること重要だと思います。

続きは下記勉強会でお話ししています。
ご興味があればご参加くださいね。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ