header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

LINE@でもモノが販売できる時代へ〜SNSは EC時代へ

「LINE@アカウント」でEC開設が可能に--ビジネスプラットフォームも開放

LINEはコミュニケーションツールだが、
LINE@にEC機能を持たせると発表。

どうやらSNSは物販、EC時代になるようだ。

どんな感じで売買できるようになるのか?
チェックですよ!

誰でも買えるのがポイント

LINE@アカウント上でネットショップが持てる「コマース」機能。月額料金やシステム利用料は無料で、販売・決済手数料4.98%のみでECを展開できるようになる。購入にあたり、ユーザーはログインや会員登録が不要。また、店舗はLINE@の友だちのみ購入できる商品も登録できるため、ユーザーに対して、LINE@アカウントを友だち追加するきっかけを与えることができる。

引用:「LINE@アカウント」でEC開設が可能に–ビジネスプラットフォームも開放

今回の発表でチェックしておくべきなのは、
販売・決済手数料もだがそれがポイントではない。

購入にあたり、ユーザーはログインや会員登録が不要。というのがポイント。

当然、LINEユーザーだけに販売も出来るのだが、会員でなくても販売できるというところで、LINEをするキッカケを生み出す効果も出せるのかもしれない。

誰にでも販売できるということで、LINEを利用するユーザーや企業が増えることで、そこからの手数料という新しい売り上げをLINEは生み出すことができると考えれば、このEC機能は注目しておくべき一つの機能だろう。

続きは下記勉強会でお話ししています。
ご興味があればご参加くださいね。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ