header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ネットでのモノの買い方から考える、2016年情報発信の仕組み

モバイル商取引の9割スマホ/アプリのCVRはモバイルウェブより120%高い【Criteo調査】

ネットで人はコミュニケーション以外に
モノを買う=購買活動も行う。

では、人はどのように買うのか?

その買う購買の流れを知っていれば、
その見せ方に合わせた情報発信が大事になる。

モバイルで簡単に

日本のオンライン商取引を調査した結果、47%は複数のデバイスまたはチャネルを通して行われていることが判明。うち45%はモバイルデバイスで最終的な商取引が行われていた。これは、消費者が購入過程でさまざまなデバイスを活用しつつ、モバイル上で買い物をする習慣がついていることを示している。またモバイル商取引のシェアに着目すると2014年より2%上昇し、eコマースによる全取引の49%に到達した。

また、全モバイル商取引の約90%をスマートフォンが占めた。

引用:モバイル商取引の9割スマホ/アプリのCVRはモバイルウェブより120%高い【Criteo調査】

ネットでモノを買う流れは、

1、PCのみ
2、PCとモバイルの組み合わせ
3、モバイルのみ

というパターンに大体分けることができる。

そして、今回のデータから「2」「3」という使い方が今多いことがわかる。モノを購入するのにモバイルが絡んでいる。

モバイルで簡単に購入できるような見せ方、情報発信がこれからの購買行動を起こさせやすくなるのかもしれません。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ