header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

SNSは巻き込むこと。巻き込むために何を意識するべきなのか?

SNSでみんなにシェアして欲しい企業たち。祝日はこぞってオモシロ画像をツイート

ソーシャルメディアを活用する一つの方法が、
ユーザーを巻き込むこと。

いわゆる「バズる」こと。

自分で発信するだけでなく、
みんなに発信して貰えばそれだけ情報は拡散しやすい。

これがSNSの特徴だ。

タイミングを意識する

企業にとって、ツイッターやFacebookで大勢の人にフォローされること、ツイートがリツイートされて多くの人の目にとまることは非常に大事なプロモーション要素となっています。

〜中略〜

今後もデジタルマーケティングは企業にとってますます重要になっていくことを考えると、企業によるこういったおもしろツイートはどんどん増えていきそうですね。

引用:SNSでみんなにシェアして欲しい企業たち。祝日はこぞってオモシロ画像をツイート

具体的な内容は上記のサイトで確認してくださいね。

いろいろな企業が面白いツイートをしている。

なぜツイートをしているか?

一つ目は、それだけtwitterユーザーが多くいて「広告価値」があると企業は考えていることだろう。だからこそ、ツイッターを使うのではないだろうか。

二つ目は拡散力。

今のインターネットの流れは、検索だけではない。マスメディアのような一方通行の流れではないのが今のネット、友達とのやりとりの中で情報が共有されていくのだ。

日頃からユーザーを巻き込んで拡散される土壌を作るためにも、できるタイミングを逃さない。それが今回の記事の「アメリカの祝日プレジデント・デー」。

巻き込むタイミングを意識する。

私たちもただ投稿する/ツイートするだけでなく「巻き込むタイミングを意識」していきましょう。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ