header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

検索はグーグルだけじゃない〜検索SNSも検索としての利用へ〜

【検索】SNSは「誰が言ったか」、検索エンジンは「何を言ったか」が重視されます

SNSはコミュニケーションツールというイメージは強い。

それ以外の使い方はあるのか?というと、

ビジネス活用

というのをあげている。

そして今回は「検索として利用」という使い方

リアルタイム検索にも強い

最近検索に使っているメディアは1位のGoogle(33%)であり、次いで2位はTwitter(31%)、3位はInstagram(24%)と、4位のYahoo!よりもSNSの方が検索に利用されているとのことです。

確かに私もTwitterで検索する機会がかなり増えました。

その理由は、即時性の情報やリアルタイムで進行しているネタ(TV番組の実況など)に関しては、GoogleやYahoo!よりもTwitterのほうが情報を手に入れることが出来るからです。

引用:【検索】SNSは「誰が言ったか」、検索エンジンは「何を言ったか」が重視されます

SNSはテレビを見たりしている時に同時に使う

「ながら利用」

をするという。

実際テレビを見ていても、

ツイッターのツイート
ラインの投稿

テレビ画面にリアルタイムに表示されることもある。

テレビに出ていた内容を検索する時
ラジオ番組でかかった音楽など、

ツイッターで検索したり
yahooのリアルタイム検索

を利用して、SNSでの投稿から情報を探したりしている。

そう考えれば、検索するのは「グーグル/Yahoo!japan」だけでなく、SNSでもする時代になっているのです。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ