header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

コンテクスチュアルコマース、その意味は「インターネット上で即座に購入を実行するよう促すツール」

PayPal、「PayPal Commerce」を発表--「購入ボタン」の設置を手軽に

インターネットは変化が早い。

ドッグイヤーと言われていたものが、
ラビットイヤーのスピードにさらに加速している。

1年で20年分の動きがある
それがインターネットだ。

ネットで物を買うのも「コンテクスチュアルコマース」に変化するという。

チャンスロスを与えない

PayPalの考えでは(さらに言うなら、ほかの複数のテクノロジ企業も同じ考えだ)、購入ボタンを設けることで、これらの購入が実行される可能性ははるかに高くなる。

そこで、PayPal CommerceはModestテクノロジを統合することで、ブログや広告、電子メール、ソーシャルメディアなど、消費者の目に触れるさまざまな場所に購入ボタンを挿入するドラッグ&ドロップ機能を小売業者に提供する。

引用:PayPal、「PayPal Commerce」を発表–「購入ボタン」の設置を手軽に

ネットで物を買う。

ECサイトやショッピングモールなどで物を買うというイメージから、

どこからでも買える

という世界にネットショッピングは、
なろうとしているようだ。

このような物の販売方法を「コンテクスチュアルコマース」というらしい。

そのような販売方法が当たり前の世界になるのであれば、これを活用した「販売方法」がこれからの売上を作っていくはず。

SNSを利用する人であれば「コンテクスチュアルコマース」を使えるように準備する必要がありそうだ。

LINE友達になって読んでくださいね。

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ