header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

一方通行で使わない情報発信のススメ

オアシスからのお願い 「94年&95年の日本公演の写真や動画を探しています」

情報発信を一方通行で使い方っていませんか?

一生懸命情報発信するというのは、
一方通行だけじゃない。

特にSNSが普及するようになってからは
一方通行でしないほうが結果を出しやすそうだ。

ロックバンド「オアシス」の例から考えてみよう。

巻き込む情報発信がこれからのやり方

ロックバンド「オアシス」が過去の写真資料を探している。

それをSNSを通して、
呼びかける情報発信をしている。

それをするとどうなるか?

・そういう事をやっていることをファンに知ってもらえる。
・それをファンがもっと多くの人へ拡散する。
・その情報がネットのニュースサイトへ掲載され拡散する。

多くの人に「オアシスが何をしようとしているか?」を知ってもらうことができるだけでなく、それを拡散してもらう人を巻き込んだ情報発信ができる。

そして、情報が集まれば集まったで、それに関しての感謝の情報発信ができる。前回拡散したユーザーは、この情報もチェックすることだろう。

それが結果「商品」となり発売されるとなれば、あの時の!と人は思い出す人もいれば、興味を持ってサイトへアクセスする人もいるだろう。

買ってください。では、人は中々動かない。

買ってくださいは、
一方通行の情報発信だ。

一方通行で使わない情報発信、
考えてみてはいかがだろうか?

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ