header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

振り回されちゃダメ、自分の使い方でfacebookのリアクション機能を使おう。

Facebookが「Instant Articles」を国内でも開始へ、「超いいね!」「悲しいね」などの投稿も可能に

前々から言われていた、

いいね!以外の感情ボタン

がついに利用できるようになった。

その話題がfacebookの中だけでなく、ニュースサイトにも取り上げられている。

そして、僕にも質問が来た。
僕の答えはこうだ。

人の意見に振り回されるな!

Facebookが、米国をはじめ海外で展開している機能「インスタント記事(Instant Articles)」を日本でも展開する。あわせて「いいね!」以外の感情を投稿できる「リアクション機能」の導入も開始した。

〜中略〜

リアクション機能はニュースフィードで共有された投稿に対して「いいね!」以外の感情を共有できる機能だ。これまであった「いいね!」のほか、アプリならボタン長押しで「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」の合計6つのリアクションを付けることができる。

ちなみにこれはFacebookの関西弁設定にも反映されており、これまでの「ええやん!」に加えて「めっちゃええやん!」「笑たやん」「すごいやん」「悲しいわ」「そら怒るわ」の共有が可能になっている。

引用:Facebookが「Instant Articles」を国内でも開始へ、「超いいね!」「悲しいね」などの投稿も可能に

どんな時にどういうボタンを押すか?
その記事にその感情ボタンが間違っていないか?

そういう質問を聞かれることが多い。

大事なことは、どの使い方も正解だということ。

違ういい方をすれば、

あなたのその使い方で良い。

ということ。

他の人がこういったから。
記事にこう書いてあったから。

それはそれ、その使い方があなたに合っているのならそうすれば良い。それに合わせる必要はありません。

他に振り回されない、自分の使い方でfacebookのリアクション機能を使いましょう。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ