header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

日本人はどのようにネットから情報を見ているのか?をチェックしよう。

日本のミレニアル世代の約8割がオンラインコンテンツの内容を疑わない--アドビ調査

ネットの情報はどのように見られているのか?

情報の見られ方を知っていればそのように見せることが、
見られやすい情報発信の方法といえる。

良い情報や為になる情報を発信するだけでなく、
どのように見られているのか?を知ることも重要。

日本の場合はどう見られているのか?

同調査によると、情報を得る時間が1日に15分程度に限られている場合、日本人の79%が「長めの記事を読むより、話題となっている短めの記事を数多く閲覧したい」と回答。世界平均の63%を上回った。

日本の回答者は、平均して2つのデバイスを使用し、6つのサービスから情報を得ているという。毎日アクセスする情報源としては、「Facebookなどのソーシャルメディア」(28%)、「YouTubeやVineなどのオンライン動画プラットフォーム」(25%)、「企業のEメールニュースレター」(21%)、「Twitter」(19%)が上位にランクインした。

引用:日本のミレニアル世代の約8割がオンラインコンテンツの内容を疑わない–アドビ調査

今回の記事のポイントは、

日本の回答

が掲載されているということ。

短めの記事を数多く閲覧したい
2つのデバイスを使用し、6つのサービスから情報を得ている

などの日本での情報の読まれ方のデータがある。これらを元にどのように情報発信するか?を考えることが、一人でも多くの人へ情報を提供できることになるのではないだろうか。

記事を読めばアメリカとは日本は違うことがわかるので是非記事を全部読んで欲しいと思います。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ