header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

大人には分からない若年層のSNSビジネス活用の難しさ

LINEやFacebookを仕事で使うことに半数近くが抵抗感

ソーシャルメディアの活用、ビジネス活用の話をすると

ビジネスには使えない。
ソーシャルメディアはビジネスに向かない

と言われる人がいます。

その理由の一つが、プライベート利用だから。というのがあります。

何利用から始まったのか?

仕事のやり取りにおけるLINEやFacebookなどのSNS利用については、「とても抵抗がある」と「やや抵抗がある」が計42.4%と半数近くあった。会社員とフリーランスで比べると、抵抗があるとの回答は会社員の40.1%に対してフリーランスは43.1%であり、フリーランスの抵抗感が会社員を上回っている。

SNSの仕事のやり取りでの利用に抵抗があると答えた回答者にその理由を複数回答で尋ねたところ、「LINEやFacebookはプライベートな利用がメインだから」が61.9%と最多であり、「既読が付いてしまうから」「マナー違反だと思うから」「添付や検索などが出来ず不便だから」といった他の理由を大きく引き離した。

引用:LINEやFacebookを仕事で使うことに半数近くが抵抗感

記事によれば、「LINEやFacebookはプライベートな利用がメインだから」という理由が最多とある。

考えてみれば、学生の頃から使っていたとすると、その主たる利用方法はプライベートになるだろう。

それが仕事に利用するとなれば、プライベートな投稿がいろいろな人に見えてしまうのは好ましくはないだろう。

そういう年代のユーザーには、SNSの利用に戸惑うことがあってもおかしくはない。

若年層のSNSはそういう部分で他の年代にはない問題点があるのかもしれない。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ