header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

Android WearがiOSに対応、Apple Watchじゃない選択枠

Apple Watchにライバル登場!Android WearがiOSに対応

先日、アップル社がAndroidアプリを開発したという記事を書きました。

今回は、その反対。

今度はiPhoneユーザーを、Androidに取り込むアプリを開発という記事。

新規ユーザーを囲い込むのではなく、
利用者を囲い込むという戦略。

その理由を考えてみた。

新規ユーザーよりも既存ユーザー

腕時計型のスマートウォッチ。

実際にどのくらい売れているのか?といえば、そんなに売れている訳ではない。Apple Watchが発売されたことで、ある程度は増えたという感じだろう。

今までのスマートウォッチの総販売数をあっという間に抜くほど、Apple Watchが発売されたという記事もある。

スマートウォッチを利用するユーザーを純粋に増やすよりも、Apple Watchによってスマートウォッチに興味を持った利用者を取り込むようにする方が、ユーザーの獲得が楽なのかもしれない。

そう考えれば、iPhoneとApple Watch。という選択枠だけでなく、

iPhoneとスマートウォッチ

という選択枠を用意することも、
一つの方法と考えられる。

いづれにしても、

私たち利用者には、
選択枠が増える。

というのは、嬉しいこと。

これからのスマートウォッチ、Apple Watchの動きも見逃せませんね。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ