header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

インスタグラムが縦長/横長に対応!(◎_◎;)

ついにInstagramが「横長」と「縦長」フォーマットに対応したよ

正方形の写真や動画をアップするのが当たり前だったインスタグラム。

それがついに、縦長/横長の写真/動画に対応する。

今までは、写真を正方形にする写真編集アプリを使ったりして対応していたと思いますが、それがこれからは不要になる。

正方形じゃなくてもオッケー!

インスタグラムの変化の理由はなぜか?を考えてみました。

ユーザーの利用傾向

すでにインスタグラムでは、投稿される写真・動画のうち5分の1が縦長もしくは横長だったとのこと。

引用:ついにInstagramが「横長」と「縦長」フォーマットに対応したよ

記事によれば、インスタグラムにアップロードされる写真/動画の20%は正方形ではないらしい。

インスタグラムの公式アプリを利用すれば、正方形の写真でアップロードされるはずですが、縦長/横長があるということは、公式アプリで写真を撮っていない。ということ。

インスタグラムは利用するが、何かの理由で「違うカメラアプリ」を使っているユーザーがいるということだろう。

そして、今回のインスタグラムの変更は、上記のような使い方をするユーザーを、よりインスタグラムへ取り込もうという運営会社の姿勢ではないだろうか?

こういうデータは、運用しているインスタグラム社自身が一番よくわかっていると思います。

スマホ時代のSNS「インスタグラム」が、正方形だけでなく、横長/縦長も受け入れることは何を意味するのか?

縦長/横長の写真をインスタグラムにアップロードして、その表示方法をチェックしてみること、今すぐやってみよう〜〜

ノブ横地のインスタグラムは、

instagram.com/exhige/

です。フォローしてね〜

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ