header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

企業がSNSをうまく使えない。からこそ、◯◯がアピールするチャンス

企業のソーシャルメディア活用率、Facebookが約8割~NTTコム オンラインとループス調査

ソーシャルメディアが当たり前になればなるほど、企業も利用するようになる。

初めはツイッターだったりfacebookから始めたという企業も多いかもしれない。

ピンタレスト
インスタグラム

といった新しいSNSがあることもそうだが、「buy(購買)」というボタンがSNSにはつくようになるなど、ソーシャルメディアに新しい仕組みが登場している。

現状、企業はどのように利用しているのだろうか?

わからないが現状

ソーシャルメディアで公式アカウントを運用している企業の割合(ソーシャルメディア活用率)は、Twitterが56.2%、Facebookが80.4%、mixiが25.7%、YouTubeが39.8%、ブログが50.9%、Google+が32.6%、LINEが31.3%、その他が14.3%。

Facebookの活用率は上昇傾向が続き、8割に達した。YouTubeの活用率に減少傾向が見られたが、前回調査と比べて全体的にほぼ横ばい。ソーシャルメディアの併用状況については、「1種類のみ」が24.4%と前年度から減少する一方、「7種類以上」が22.3%と増加しており、他種類の使い分けが伺えると分析している。

引用:企業のソーシャルメディア活用率、Facebookが約8割~NTTコム オンラインとループス調査

今回の記事によれば、企業のSNS活用は「7種類以上」が22.3%と増加しており、複数のSNSで情報発信するというのが今の企業の状況のようです。

しかし反対に、

「営業上の効果が見えない」
「人材の不足」
「教育・トレーニングの不足」

などの問題が企業にはあるようだが、SNSの利用は不可欠とみて運用しているようだ。

これを逆手にとってみれば、利用者から企業へうまくアピールできる情報発信ができるかもしれません。

例えば、「営業効果を見せるSNS企画」を作って企業に見つけてもらう。ということもできるだろうし、「人材の不足」の企業にはSNSができる社員として雇ってもらうこともできるかもしれない。

SNSの利用が不可欠だからこそ、私たちの消費者からのアプローチでビジネス活用につなげることができるかもしれませんね。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ