header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

YouTubeアプリアップデートで注目している機能とは?

YouTubeアプリのアップデートで、動画編集と視聴が更に簡単になる

動画を閲覧する/投稿するアプリは増えている。

しかし、その投稿に至るまでの作業は写真を投稿するのとは違い大変な作業であることは間違いない。

先日のYouTubeのCEOの発言「成長の鍵は、モバイル モバイル、そしてモバイル」という言葉の名の通り、今回YouTubeのスマホアプリがバージョンアップされた。

そこで何がバージョンアップされたのか?で、先日の発言がどのように反映されているのか?をチェックしてみよう。

視聴時間アップ対応に注目

アプリには新しいサブスクリプションのタブが追加され、お気に入りのスターの最新のコンテンツや最も人気のコンテンツをまとめてトラックすることができる。

サブスクリプションのタブ以外にも、アプリにはHomeとAccountがあり、後者ではプレイリストと視聴履歴をまとめて表示する。このアプリはユーザーがクリエイターのチャンネルに購読し、視聴するのに値するアクティブなフィードの作成を楽にすることが狙いだ。

〜中略〜

もう一つ面白い機能がある。縦の動画もAndroidとiOSの両方で全画面で視聴することが可能になった。

引用:YouTubeアプリのアップデートで、動画編集と視聴が更に簡単になる

動画編集をスマホでしやすくする。というバージョンアップもされていますが、注目したいのは、YouTube動画をスマホで閲覧しやすくする為のバージョンアップの方。

先日の「YouTubeのモバイル戦略が重要なワケ」記事では、モバイル版のYouTubeだけでも視聴時間が倍増し収益を増加させている。

動画を作成するユーザーよりも、閲覧するユーザーの方が圧倒的に多い。

また、YouTuberという人気配信ユーザーもいれば、動画をスマホで見るという環境も整ってきている。

動画を作成させるユーザーを増やすよりも、閲覧するユーザーを増やし「視聴時間」を伸ばせば、収益をさらに増加させることができる。

そう考えれば、動画をいかに見やすくするか?
ユーザーの視聴時間を伸ばすか?

という部分のアップデートが、モバイルには今必要なのかもしれない。とYouTubeは考えているのかも。

動画の視聴時間をアップさせる為のアプリ。

どのようなレイアウト(画面構成)、ボタン配置が、視聴時間を伸ばすのか?

YouTubeでアップするこれからの動画作成するヒントにもなりそうですね。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ