header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

利用者に飽きさせない「LINEトリップバザール」の運営方法とは?

LINE、海外ブランド商品を現地価格で買える「LINEトリップバザール」

自社ネットショップ
ネットモール
オークション

など、いろいろな方法で販売していて、そこから私たちは購入しています。

今回「LINEトリップバザール」という、新しい方法で購入できるサービスがスタートしたという。

これが利用者から支持されるのか?
どうすれば支持されるのか?

を「LINEトリップバザール」の運営からチェックしてみましょう。

コツコツ更新がポイント

物を買う前に何をするのか?を考えてみると、

「サイトにアクセス」

というのが購入する前にすること。

モノを購入する前には、サイトへアクセスして「商品を探す/見る」ということをする。

サイトにアクセスしてもらうにしても、一回だけで終わりではなく「何度も」リピートしてアクセスしてもらうようになったほうがいいですよね。

LINEトリップバザールではブランドごとに商品を扱うという。なお、商品ラインナップは2週間毎に全て切り替わり、翌々週に新たな商品が入荷される仕組み。日本未入荷のブランドや商品も多数取り扱うという。

〜中略〜

 国際便の送料も含めて商品の現地価格(日本で同じ商品が販売されている場合の3分の1から、4分の1程度の価格)で提供できるという。

 同社によると、LINEユーザーは、海外の通販サイト利用では必要となる英語での購入情報入力や、国際便・税金などの輸入に関する手続きは一切不要となり、直接海外で商品を購入する価格と同価格で商品が買えるようになるという。

引用:LINE、海外ブランド商品を現地価格で買える「LINEトリップバザール」

記事によれば、日本未入荷のブランドなどが2週間毎に全て切り替わる。という販売方法でユーザーに飽きを越させないようにしている。

全て切り替わる。となれば、定期的なリピートアクセスも期待できますね。

また、送料も含め現地価格での提供や英語以後や輸入に関する手続きなどの手間を省いている。

いろいろなサイトで商品が買える今、それらのサイトよりも選ばれる為に何をすれば良いのか?というヒントを、新しくスタートした「LINEトリップバザール」の運営方法から考えてみるのも一つの方法ではないでしょうか。

LINE友達になって読んでくださいね

お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ