header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

政府のネット環境整備から考えるネットへの情報発信

 無線Wi―Fi、2020年までに3万か所で

政府は、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年までに、全国の観光地や避難所など約3万か所に公衆無線LAN「Wi―Fi」を設置する方針を固めた。

引用:無線Wi―Fi、2020年までに3万か所で

読売新聞によれば2020年までに3万箇所にwifiスポットを作るとという。

当たり前のことだが、

・東京オリンピック/パラリンピッック
・外国人環境客

というこれからの事を想定して、ネット環境を良くしようということだが、ここからイメージできることは、

ネット環境の拡充がこれからされるようになるということ。言い換えれば、もっともっとネットが使いやすい状況になるということ。

スマホが中心

観光客がスマートフォンやタブレット端末を通して、複数の外国語による観光案内や交通・宿泊情報などを閲覧できるようにする。

引用:無線Wi―Fi、2020年までに3万か所で

この記事の最後に書かれていることは、

・スマホ
・タブッレット

が利用される端末と想定されており、これからのネット時代の主要な端末は、ノートパソコンやPCではないということ。

個人的にスマホを使う/使わないは別として、情報を見る「お客様」がスマホであなたの情報を見ることが想定できる。

そう考えれば、私たちの情報発信も

・スマートフォンを中心

として考えた、ホームページ/ブログ/ソーシャルメディア活用をするべきではないでしょうか。

ネット環境の未来予想図、答えがこうやって書かれているのであれば、それを予測した使い方をしたいところですね。

LINE友達になって読んでくださいね
お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ