header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

YouTubeビジネス活用の考え方【最新版】

YouTubeのクリエイター向けに、モバイル端末でも表示できるオーバーレイ告知機能「カード」が公開された。クリック(タップ)すると他の動画や商品紹介ページ、視聴者ファンディングページに移動するよう設定できる。

いつもセミナーや勉強会で、

・運営会社の気持ちになる

という話をしています。

最近のYoutubeもいろいろと機能追加や変更があって、上記の内容もその一つ。

YouTubeのクリエイター向けに、モバイル端末でも表示できるオーバーレイ告知機能「カード」が公開された。クリック(タップ)すると他の動画や商品紹介ページ、視聴者ファンディングページに移動するよう設定できる。」という内容から分かることは2つ。

・モバイルでも利用できる
・商品/ファンディングページに移動できる

ということ、YouTubeという会社も「モバイル」「マネタイズ」という部分に注目し始めているということが考えることができるのではないだろうか。

YouTubeの自動再生がデフォルトに(無効化可能)

また、YouTubeの自動再生がデフォルトに(無効化可能)という情報発信の仕組みに変わった。という記事も最近掲載された。

今までの「動画」は、

・データ転送が多く
・再生しずらい環境が多い

とイメージするユーザーも多かったかもしれません。

しかし、ネット環境(インフラ)の整備、スマホなどの再生デバイスの普及によって、動画を再生/閲覧するのは当たり前の時代へ。

そういう部分もあって、YouTubeは自動再生という設定に切り替えているのではないだろうか。

自動再生とそうでない場合、
どう違うのだろうか。

自動再生は、勝手に始まります。
手動再生は、クリックしないと再生しません。

この一手間に「違い」があるから、この変更をしたと考えると、私たちが作った動画が見られる可能性が増えると考えることができるのではないだろうか。

こういう変化を受けて、利用している私たちがどう利用をするのか?
対応するのか?

こういう対応/考え方が、あなたのYouTubeビジネス活用が大きく変わり、結果を出すだけでなくライバルにも差をつける使い方になるのではないでしょうか。

LINE友達になって読んでくださいね
お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ