header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

失敗しないためのLINE@「友達の増やし方編」

LINE@

もし、ノブ横地のLINE@で、お友達にならずにこの記事を読んでおられましたら、下にあるリンクからお友達になって、LINE@をはじめる3つの理由を読んでから、この記事を読んでくださいね。

LINE@は、無料版/有料版があります。
その差は何か知っていますか?

メッセージをお友達に一斉配信できるのが、LINE@の特徴です。

この一斉配信が一ヶ月に1000メッセージまでなら無料、それ以上が有料ということになります。

そう考えれば、誰と友達になるか?を考えて友達申請させないと、有料版にしないと使えない。ということになるかもしれません。

普通にLINEで友達なのに、改めてLINE@でも友達になるというのは考え方によってはもったいないですよね。

LINE@は無料/有料?

LINEは、フェイスブックやツイッターなどの「SNS」と同じジャンルで紹介されることがよくあります。

しかし、LINEは他のSNSと違います。

LINEはチャットアプリと呼ばれるジャンルにカテゴリーされています。

フェイスブック社で言えば、「WhatsApp メッセンジャー」と競合するサービスと位置づけされています。

このチャットアプリと呼ばれるものは、クローズド(公開れない)なSNSと呼ばれるもので、家族やそれに近い友人などと利用するSNSです。

僕自身も全国でLINEユーザーに質問してみると、LINEをするのは家族/親族のみというクローズドな環境で利用しているという返答をたくさんいただいています。

このように利用されているLINE。

フェイスブックやツイッター、もしくはメルマガと同じような使い方をして読んでもらえると思いますか?

誰でも良いからLINE@で友達になってください。では、読まれないLINE@になってしまいます。

また、上記のような友達の数を増やしていけば、読まれないLINE@を「有料」で使う羽目になります。

どのようにLINE@の友達を増やすか?

数を増やすだけがLINE@のビジネス活用ではない。という部分をしっかり考えた上で利用することが、ポイントです。

有料にするなら有料で利用するための、友達の増やし方をイメージすること。これが、失敗しないためのLINE@のスタート時にするべきことなのではないでしょうか。

LINE友達になって読んでくださいね
お友達登録よろしくお願いします。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ