header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

真似、マネはやめておくべき「たった一つの理由」

ストップ

成功している人のマネをしろ。

そういう話も聞いたことがあると思います。それはそれで、マネをするべきことはあると思いますが、必ずしもすべてマネが良いか?といえばそういうものでもありません。

特に今の時代、いろいろなところから情報を得ることができたり、勉強したりすることができるようになりました。

いろいろな情報があることで、あれもこれもという欲がでてしまって、自分の求める結果へたどり着けない。

そういうことがないように、マネをしないようにするポイントを紹介したいと思います。

結果重視で考えよう

同業者の成功事例、型にハマらないように同業者以外からの成功事例など、いろいろな成功事例を学ぶこと、大事なことかもしれません。

そして、それを自分のビジネスと照らし合わせて〜云々というのは、どこかで聞いたことがある話です。

結果から物事をイメージしていますか?

他の人の成功事例からあなたの成功事例をイメージするよりも、あなたを成功へ導くためには「成功イメージ」が先にあってこそ。

他の人の成功体験は、その人の成功イメージの結果であり「あなたのモノ」ではありません。

お客様を見よう

成功者という上ばかり見ていても、結果を生み出すのは、お客様と出会うことです。

成功者の生活をマネすることが求める結果を出してくれるのではないことを考えれば、やるべきことは、あなたのビジネスのお客様との出会い作り、チャンスを広げること。

コミュニケーションを取るべき相手は、お客様となるべき人達でもあるべきで、自分のモチベーションをアップさせることばかりではもったいない。

あなたのビジネスを成功させる「お客様」とは誰なのか?

成功者目線ではなく、あなたを結果へ導く「お客様目線」をイメージすること。ソーシャルメディアも同じように使ってみてはいかがでしょうか。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ