header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

質問もソーシャルメディアの情報発信の一つ

手を挙げる

ソーシャルメディアをやっていて、分からないことがあったら「聞いてみましょう」という話をしています。

分からない事は、聞くのが一番

だと考えていますが、人によっては聞いても・・・と考える人もいます。

過去に聞いても良い返事がもらえなかったり、ググれ!(自分で調べろ)みたいな感じで突き放された。という苦い経験もあったかもしれません。

反対に、質問が適切なユーザーに届くと、本当に丁寧に教えてくれる。そういうことがあった人もいると思います。

分からないことは質問する。

誰にでもしたら良いか?というとそうではなく、何に関しては誰に聞くか?を考えておくと良いのです。

何を誰に聞く?

聞きやすい人に聞くのではなく、答えてくれやすい人を探す。ポイントは、誰に聞くか?ではありません。何を誰に聞くか?の「何を」がポイントです。

質問によって、相手を変えるというのが、聞き上手のポイントの一つ。

自分自身の発信に忙しくて、周りのユーザーがどんなことをソーシャルメディアで情報発信しているか、覚えていますか?

ユーザーの投稿から聞いて欲しい「得意分野」を見つけることができるはず。それに関連することだったら、質問しても答えてもらいやすかったりします。

ソーシャルメディアは掲示板と違って、個々で繋がっている場合が多く、質問内容によって、誰に聞くか?を考えてみると、答えてもらいやすい状況を作ることができます。

知らないことを知らないままで済ますよりも、知らないことを知って「ソーシャルメディアの活用」に生かす。

質問することで、出会える仲間もいます。また、交友関係が深まることもあります。

実は質問することって、自分のわからないことを聞くだけでじゃなく、相手の聞いて欲しいことを聞いてあげることも、質問の一つ。

相手の投稿を応援する「質問」は、投稿した人に喜んでもらえます。

情報発信が投稿だけではありません。

質問することも、ソーシャルメディアでは情報発信になるのです。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ