header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

長く書く/短く書く、どっちがソーシャルメディアの投稿には良い?

辞書検索

長く書いた方が良いか?
短い方が良いか?

ソーシャルメディアをやっていて、よく聞かれる質問の一つが、長い/短いという投稿文の長さについてです。

長く書いたら読んでもらえそうにないし、短いとちゃんと伝わるかどうか?心配。と考えてしまいがちで、どちらもどちらという感じがします。

SEOとういう分野では、短い文面ではSEOの効果が得られずらく、ある程度の長さが必要と言われています。

しかし、ソーシャルメディアとSEOは違います。

短い方が良いのか?
長いほうが良いのか?

答えは、長くても/短くても構わない。と僕は考えています。その理由は、長い/短いよりも、もっと大事なことがあるから。

その大事なことは、

・投稿をシンプルにする

というモノ、一つ一つの投稿は、テーマを一つに絞って書くことで、読み手に伝わりやすくするという考え方です。

興味のない読み手に読んでもらうよりも、興味がある読み手に読んでもらったほうが良いですよね。

また、コメントを入れようと思っても、いろいろ書いてあると「いろいろなコメント」がもらえるようになります。

あなたが欲しいコメントが欲しいなら、シンプルな投稿にして、欲しいコメントが書いてもらえるように誘導することが必要です。

それをしたいなら、投稿をシンプルに一つのテーマに絞るだけで、それができるようになります。

ごちゃごちゃ書くよりも「シンプルに書く」

相手にも伝わりやすく、欲しいコメントが書いてもらえることが、ソーシャルメディアで結果が出しやすくなるのではないでしょうか。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ