header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【続】難しく考えないこと。シンプルにソーシャルメディアを使おう。

虫眼鏡2

シンプルに聞く。

伝えるだけが/情報発信するだけが、ソーシャルメディアのビジネス活用ではなく、情報を仕入れる(聞く)というのも、ビジネス活用の一つ。

難しく考える、自分の中で悩むだけでなく、シンプルに聞いてみること、シンプルにソーシャルメディアを使ってみることをお話ししました。

詳しくはそのブログ「難しく考えないこと。シンプルにソーシャルメディアを使おう。」をチェック!

シンプルに考えて使うソーシャルメディアのビジネス活用は、実はこれだけでないんです。

今回はその続編。

投稿を明確にする

ソーシャルメディアに情報発信することを、難しく考えてしまっている人も多くいます。

投稿しなければ、そもそもあなたが何者?か伝わらないですし、継続した情報発信しなければ、あなたの情報は見つけてもらえない。

なぜ投稿できないのか?

何を投稿していいか分からない
継続した情報発信ができない。

ソーシャルメディアは毎日する使い方をしている人が多く、毎日投稿するネタがない。とソーシャルメディア疲れをして、結果やめてしまう。

毎日投稿する。という内容が、曖昧だから疲れてしまうのです。

内容を明確にする。というシンプルなことをするだけで、継続した情報発信ができるようになります。

何を投稿しますか?

ほとんどの場合、オリジナルの投稿をしようとしますが、ソーシャルメディアは「他の人の投稿を共有する」ことができます。

・シェア
・リツイート
・共有

自分の記事だけでなく、ニュースや友達のブログ記事、業界情報など、周りにある情報を共有することも、あなたの投稿になります。

また、あなたの投稿にコメントを入れてくれた人へ

・コメント返し

することも、あなたの投稿に興味のあった人へ「アプローチできる方法」の一つです。

自分の投稿へのコメント返しだけでなく、コメントをくれた人への投稿へコメントを書くことも、その人との関係性を深くすること。

毎日するのではなく、空いている時間にやる。

忙しい時もあれば、ゆっくりの日もあります。

投稿という言葉をオリジナルな投稿を頑張ると考えるのではなく、情報のシェアやコメント返し。というものソーシャルメディアの一つの投稿と考える。

ソーシャルメディアの機能を理解し、ソーシャルメディアをシンプルに使って、ソーシャルメディアを味方につける使い方していきましょう。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ