header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

柔軟な対応をするために、答えを複数持っておこう。

高校生

ソーシャルメディアを使っていくと、いろいろな事柄と出会います。

その時その時でどうするか?という対応をする/選択をしていくわけですが、その対応方法は1つではなく、複数あります。

また、答えは人によってさまざまで、「これが正解」という一つに答えを決めることもできません。

だからこそ、知っておきたいのが、

・いくつ対応方法を知っておくか?

ということ。

対応を迫られた時、選択できる方法が多いほうが、少ないよりもベストな対応ができそうですよね。

ソーシャルメディアを利用してきて、いろいろな場面を自分自身で体験しただけでなく、他のユーザーから相談を受けたりして、いろいろな「対応」の方法を見てきてました。

間違いや何か指摘をされた時、人はどう動くのか?

それをそのまま受け入れ、間違いを正す場合もありますが、それが全てではありませんでした。

時によっては、「無視をする」という行動で、相手にしないという対応をした人もいます。また、反対にそれをネタするということもありました。

・間違いを正す
・無視する
・それをネタにする

間違いや何か指摘をされた時でも、人がとった行動の答えは一つではありませんでした。

対応のタイミングや相手の具合などによって、その対応は違いますし対応の方法によっては、余計に問題を悪化させる。ということにもなってしまうかもしれません。

対応策を複数知っておくこと。

ベストな方法を見つける一つの方法は、方法が複数もっていること。当たり前のことですが、複数あってその比較ができるから、ベストな方法が選択できるのです。

複数知るにはどうするか?

答えは、情報共有。

相談できる仲間がいれば、情報を共有することができます。一人で考えて行動するだけでなく、仲間とやること。

仲間になる人は、同業種の人でなくても良いと思います。

ソーシャルメディアが大好きな人と仲間になって、いろいろな事を相談できる/情報共有できることが、最新情報や違うモノの見方を手にいれることができます。

あなたは、ソーシャルメディアで情報共有できる仲間作りできていますか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ