header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

好き/嫌いではなく、盛り上がっているものを意識した「ソーシャルメディアの活用」

モンスターストライク

mixi
twitter
facebook
LINE

どれがソーシャルメディアのビジネス活用に良いか?という質問を受けますが、どれも良いというのが答えです。

mixiは「モンスターストライク上記サイト画像」というゲームで良い結果を出していることから、それ関連の使い方ができていれば、そこから結果は出しやすいと言えます。

LINEは?と聞かれれば、LINE – クリエイターズスタンプというものを上手く取り込んだ使い方ができた人は、結果を出しやすかった傾向だったのではないでしょうか?

このように考えれば、自分が使っている/使っていないに関わらず、そのSNSでの動向を理解した使い方ができれば、そのSNSで結果を得ることができたようです。

必ずしも、◯◯というSNSだけが上手くいっているという結果ではなく、複数のSNSがそれぞれ上手くいく結果を出した2014年だったと言えるでしょう。

これらのことを整理してみると、大事なポイントが一つありました。

それは、何が盛り上がっているのか?を意識するということ。

何が盛り上がっているのか?

例えば、2014年にLINEは色々なサービスを発表しました。

その中で一番盛り上がったのは何か?と、振り返ってみると、

・LINE – クリエイターズスタンプ

だったのではないでしょうか?

この盛り上がりに、いち早く取り組む。ということができた人が、大きな結果を出しやすかったのではないでしょうか?

スタンプを作って販売してもよしです。また、スタンプが描けないとしても、描いてもらって誰よりも早く売るというチャンスをものにしても良しです。

それ以外にも、スタンプを販売する過程を説明するサイト/まとめサイトを作ってアクセスを稼ぐ、またそれを本や電子書籍にして出版というチャンスもありだったかもしれません。

このように考えれば、スタンプ関連で結果を出す方法は、スタンプを作るだけが方法でなかったのです。

何が盛り上がってるのか?を意識して、それに集中してみること。

2015年は何が盛り上がるのか?

私たちの好き/嫌いではなく、盛り上がっているものが何か?を意識して「ソーシャルメディアを利用する」ことが、ビジネス活用できるための使い方でもあるのではないでしょうか。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ