header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

オレじゃなくて、◯◯だったら?と考えてみよう

新聞を読む

新聞やニュースを見ていて、

・俺だったらこうするな

という意見や考えを持ったことありませんか?

この自分だったらどうするか?という考え方も一つの大事なモノの見方ですが、もう一つの見方

・◯◯だったら?どうする

と考えみることもできます。

あなたは、このような考え方したことありますか?

あなたではない他の人で考えて見る

自分自身の物差しで情報を分析してしまうと、

・あれも無い
・これも無い

という状況の中での分析になるかもしれませんし、分析結果が否定的なもので終わってしまうかもしれません。

また、想像だけでは正しい分析をしているとも言えないですよね。

だからこそ、

・同じ業界の成功している人だったら何をする?

上記のような「あなたではない成功者考え方」で、物事をイメージしてみると、

・人脈
・資金
・時間

などの、あなたの考え方にあった「制約」が少なくなり、いろいろなモノの考え方ができるようになります。一つのモノの見方ではなく、複数のモノの見方をイメージできること。

出来る/出来ない。は横に置いておいて、まずは、◯◯だったらという考えるパターンを持っておくことは、大事だと思います。

出来ないことが出来る人は、どうしてできるのか?

どうして出来るようになったのか?

それをイメージしていけば、あなた自身がどのステージにいるのか?がわかるようになり、だからこそ

・今何をすべきか?

という、行動が起こしやすくなるのではないでしょうか。

それが結果として、あなたの目的を達成するための「一歩」になると考えれば、◯◯だったらどうする?という考え方をしてみる。

いきなり、自身のビジネスに当てはめるのが難しいという場合は、新聞からのニュースやスポーツの試合結果という、簡単なものから始めてみるのも一つです。

◯◯監督の代わりに◯◯監督だったら・・・
◯◯選手が◯◯選手だったら・・・

ソーシャルメディアは、一つではありません。いくつもあって、それを組み合わせて使う時代になっていくと僕はイメージしています。

もしそうであれば、この考え方の意識の持ち方が、これからのソーシャルメディアの活用には必要なことだと思います。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ