header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【見直してみよう】新聞各紙から学ぶ◯◯の重要性

IMG_3591.JPG

家庭では、新聞は一紙というところも多いと思います。しかし、新聞は一紙じゃなく全国紙/地方紙も入れれば複数紙あることは、皆さんもご存知の通りです。

そんな当たり前の新聞ですが、駅やコンビニで新聞が販売されているのを見て、気づいた事があります。

それは、一面の扱い。

その日のニュースによっては、どの新聞の一面も同じような内容が掲載されています。これも当たり前と言えば当たり前ですが・・・

そうなんです。

見出しが各紙微妙に違うのです。

この違い気にした事ありますか?

有名なエピソードとしては1本の記事に対して25個のタイトルを考えているというものです。それだけソーシャルに最適化した戦略を撮っている。タイトルの重要性をものすごく追求したメディアになっています。

引用:「バイラルメディアのこれまでと現在」について佐藤慶一さんが総括。すごく勉強になった!

見出し/記事タイトルが重要

バイラルメディアで有名な「Upworthy」というサイトは、1本の記事に対して25個のタイトルを考えているとの事。

なぜそれだけタイトルが大事か?といえば、ソーシャルメディアでシェアされた記事は、画像とタイトルが同時に見えることが多い。

つまり、画像とタイトルで「読むか読まないが決まる」、タイトルが良ければ、記事に興味を持ってもらえる可能性も高くなる。

そういう部分をイメージしながら、駅の売店やコンビニで販売されている「新聞」を見てみると、

・新聞の見出し

でどれを購入するか?を決めている場合もあるかもしれません。

当然、新聞社名など他の理由が購入理由になっている場合もあります。しかし、大きな事件やニュースがあった時などは、見出しによって「新聞が人の目に留まる」ことにつながります。

私たちもブログやソーシャルメディアへの投稿、他の人と同じトピックについて投稿する場合もあります。

同じように投稿されている記事がある中で、あなたの記事が読まれるようになる一つの秘訣は「見出し/記事タイトル」。

新聞各紙は、同じニュースを毎日発信しています。

同じニュースを掲載する新聞各紙、どんな見出しを書いて自紙を読まれるように努力しているのか?をチェックすることで、あなたのブログやソーシャルメディアへの内容のバージョンアップにつながるのではないでしょうか。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ