header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャルメディアの投稿内容と接触頻度の関係

mixi“キリ番”通知機能をスタート

ミクシィは10月27日、SNS「mixi」に、自分のページへの訪問者数がきりがよい数字を超えた時に、アクセス数とキリ番を踏んだユーザー名を通知する新機能「足あとお知らせ機能」を追加した。

引用:mixi“キリ番”通知機能をスタート

接触頻度が高い状態を作ることが、売上をアップさせる方法の一つというのは聞いたことがあると思います。

・誕生日
・イベント
・ステップメール

などの日付を使って、お客様との接触頻度をアップさせお客様から忘れられない仕組みを活用している人もいると思います。

mixiの今回の機能をスタートさせた理由は、お客様=mixiユーザーとの接触頻度をアップさせることによる「mixiの利用率のアップ」狙いが一つの理由であると考えることができます。

普通の機能追加であれば「ユーザー全員への情報発信」で終わりとなりますが、今回の機能は「ユーザー個々」への情報発信という機能です。

キリ番を教えてくれるという機能

キリ番という情報は、

・誰だったんだろう

「ログインしてチェックしてみよう」と思うユーザーも多いと思います。一度ログインされれば、キリ番をチェックするだけでなく、それ以外の機能や表示している内容も見てもらえるようになるかも。

また、それがきっかけとなってmixiにログインする頻度が高くなるかもしれません。

大事なのはきっかけ作り

あなたのソーシャルメディアで発信している情報は、どんな情報ですか?

情報発信の一つの目的は「きっかけ作り」

・あなたを忘れさせない
・あなたを思い出させる
・あなたを見つけてもらう

情報発信内容を上記の「きっかけ作り」と考えて、考えてみてはいかがでしょうか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ