header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

同じ無料でも、ソーシャルメディアはSEOではありません。

検索結果無し

ソーシャルメディアは、SEOとは違います。

Facebook/Twitter(ソーシャルメディア)への投稿、いくらかかりますか?という質問を、勉強会やセミナーで質問させて頂く事はあります。

すると「無料です」と答えてくれる人が100%です。10回、100回投稿したら幾らかかりますか?と続けて聞いても、「無料です」という答えを頂きます。

だからこそ、投稿はあいまいな投稿よりも「ピンポイント」な投稿で情報発信したほうが、ソーシャルメディアで結果が出せると考えています。投稿はしているけど、うまくいかない。という人は、投稿内容を見直してみましょう。

同じ無料でも、ソーシャルメディアはSEOではありません。

投稿やツイートがユーザーの画面に表示され、それを見たユーザーが「それを読むかどうか判断」します。システムに判断された後、検索結果に表示されるSEOの仕組みとは違います。

誰でも伝わったら良いではない。

スマホ時代になり、画面の大きさによる一画面の情報表示量の減少、ネットへのアクセス時間/回数の変化による「情報の見られ方」も昔とは違う見られ方に。

ソーシャルメディアの投稿やツイートの見られ方は、ユーザーダイレクト。ダイレクトに見られるからこそ「誰にでも伝わったたら良い。」ではなく、

・この投稿はあなたへ

というくらいピンポイントなら見られると思いませんか?

テレビCMや動画コンテンツの広告、メディア媒体に掲載されているバナー広告などは、企業から消費者に向けて発信する。しかし、LINEスタンプは企業が送るのではなく、友人同士で感情を込めて送る形になる。ストレートに広告として受け取る感覚が薄いうえに、「広告を無視するのは友達を無視すること」にもつながるため、必然的に無視されにくくなるのではないかと同氏は分析している。

引用:LINEスタンプによる広告が「圧倒的にリーチする」理由~LINE講演

誰から誰へというというピンポイント

LINEが無視されづらい1つの理由に、友人同士することがポイントとして挙げられている。誰から誰へというピンポイントが「見られる」状況を創っているとイメージできるのではないでしょうか?

ソーシャルメディアは、個々が情報発信するメディアであるからこそ

・出会うべき人
・可能性を広げてくれるキーマン

あなたの価値に共感してくれる人へ伝える為に、「ピンポイントな投稿/ツイート」でソーシャルメディアを使って欲しいと思います。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ