header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

マンガ【フットボールネーションに学ぶ】ソーシャルメディアに必要な想像力

IMG_2688.JPG

たまたま、コンビニで見かけた週刊漫画雑誌に連載されている、大武ユキさんが連載されている「フットボールネーション」。この10月10日号(写真)に、素敵な台詞が掲載されていました。

それを読んで、ソーシャルメディアのビジネス活用には「この想像力が必要なんだ!」と共感しましたので、早速このブログ記事で紹介させていただきたいと思います。

その共感したフレーズが「サッカーは何人でやるもの?」という問いかけに答えたフレーズです。

そのフレーズは、この記事の一番下に書いてありますので、ぜひ最後まで読んで皆さんがイメージした答えと同じかどうか?チェックしてみてくださいね。

そこに書かれていたのは意外なフレーズ。

そのフレーズを「ソーシャルメディアのビジネス活用」に当てはめてみると、TwitterとかFacebookとか、LINEとかじゃなくて、ソーシャルメディアという一歩引いた大きな枠でみることを指していると思います。

人はSNSをどれか1つだけを使っているのではなく、組み合わせて使っている人もいます。

ソーシャルメディアは、ユーザーによって使い方や使うソーシャルメディア(sns)も違います。

・LINE
・Facebook
・Twitter
・LinkedIn
・pinterest

等など、ソーシャルメディアは、サイトありきではなく、ユーザーの興味/関心/環境によって利用されているメディアだと僕は思っています。

また、3年後を考えた時、どのソーシャルメディアが主流になっているかも分りません。今のままかもしれませんし、まったく新しいSNSが主流になっているかもしれません。

ソーシャルメディアは無くなっていない。

1つだけ言えるのは、3年後もソーシャルメディアは無くなっていないことは想像できる。

もっと簡単に

・テキスト
・写真/イラスト(画像)
・動画

などが、やり取りできるようになっていて、ソーシャルメディアを使って発信することが誰でもすることが

・もっと当たり前

になっているかもしれない。

情報発信をイメージすると、Facebook/Twitterでと自分が使っているsnsでの発信をイメージしていますが、

・ブログに書かれる

事だってあるんです。

実際にソーシャルメディアのビジネス活用セミナー/勉強会をして、ソーシャルメディアが大好きな人と出会っている僕も、ブログにセミナー/勉強会の模様を書いていただくこともあります。

僕はブログにも「応援と感謝」しています。Facebook/Twitterというsns1つ1つを利用しているのではなく、ソーシャルメディアとしてどれも使っています。

得意なSNSも不得意なSNSも関係ない。

漫画、フットボールネーションで「サッカーは22人+審判でやるもの」という台詞があったように、

・敵味方関係ない

というモノの見方、全体をみることがポイント、こういうイメージ描き方、ソーシャルメディアに必要な想像力ですね。

もう一度、得意なSNSも不得意なSNSも関係ないんです。

その理由は、ソーシャルメディアは好きな人が好きなSNSを使って発信する個人メディアだから、あなたが不得意なsnsでも大好きな人もいる。その不得意なメディアであなたの事を応援したいと思っている人もいるからこそ、得意なSNSも不得意なSNSも関係なく「使う姿勢」大事だと思います。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ