header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【対応を学ぶ】U2のアルバム「Songs of Innocence」から学べること

Apple - U2の最新アルバム、公開。

2014年9月9日のiPhone6の発表会で、もう1つ大きな発表がありました。それが、Apple – U2の最新アルバム、公開。、そしてU2の最新アルバムが、限定ですがiTunesを利用している私たちに無料提供という内容でした。

本来ユーザーが支払うはずのアルバム代金は、慈善活動家としての顔も持つボノによる無料奉仕、というわけではなく、アップルが肩代わりしたとのこと。

イベント後、ボノは「支払いは受けたよ。無料の音楽なんてありえない。音楽は神聖なものなんだ」と語っています。

引用:U2、新作アルバムSongs of InnocenceをiTunes限定で無料配信。ボノ曰く「代金はアップル持ち」

このアルバムのダウンロード方法は今までのものとは違って、iTunesユーザーに自動的に全曲(11曲)がダウンロードされるようになっていました。

ダウンロードしたいか?
ダウンロードしたくないか?

この配信方法は、ユーザー側にダウンロードしたいか/したくないか、という選択枠はなく自動的にダウンロードするようになっており、通常の購入した曲とは違い「削除」が出来ないという仕様だったようです。(iTunes Matchの登録ユーザーは可能だった。現在は誰でも削除可能)

U2’s Songs of Innocence remove

その後、これらのユーザーからの要請を受け、アップル側がこのアルバムSongs of Innocenceを削除するページを用意しました。

全員がダウンロードしたいワケではない。

U2というビックネームなロックバンドの最新アルバムを「無料プレゼント」するというのは、嬉しいことですが、

・ファンではない
・興味がない
・その楽曲は好きじゃない
・容量の問題

等、色々な理由でそのプレゼントを不要とする人もいると思います。そう考えれば、全ての人が必ずしも同じ答えを持っているということでは無い事がわかります。

やる事が、全て良い結果ばかりということではありません。

マイナスな結果をマイナスなままにすることがマイナスな結果であり、対応した結果それがプラスになれば嬉しいですよね。

アップル社も全てが良い結果ばかりというわけでもありません。今回のようにiPhone6を発表し、全世界から注目されている中で、このような騒動も起こしてしまっています。

情報の言葉のままを受け取るだけでなく、その周りでどんな事をしているのか?もチェックしていくことで学べること沢山あるはずです。

そこで、アップルの対応は?

その対応から学べることも多くあるのではないでしょうか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。

▲ このページのトップへ