header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

盛り上がれば、下がるのは当たり前。だから継続は難しい。ソーシャルメディアが特別ではない。

LINE、5億人突破へ スペイン語圏で急拡大

LINE、5億人突破へ スペイン語圏で急拡大という記事があって、LINEの快進撃は続いて見えます。

たった3年で5億ユーザー、Facebookが5億ユーザー達成するのに6年5ヶ月ということですからLINEの成長スピードが早い事が分ります。

LINEがスゴいだけでなく、それだけソーシャルメディアが利用される世の中になったことも急成長の要因の1つではないでしょうか?

このような記事がある一方、

このような記事も・・・

SNS利用率、10代・20代はLINE、60代はFacebookの利用率が高く

SNS利用率、10代・20代はLINE、60代はFacebookの利用率が高くというタイトルなのですが、その記事の中に以下のような文面がありました。

年々広がるSNS利用ではあるが、どの年代も約5割の人が「SNSは面倒だと思う」と答えており、SNS疲れを感じている人が少なくないことがわかった。
引用:SNS利用率、10代・20代はLINE、60代はFacebookの利用率が高く

利用しているユーザーが全員楽しんで使っているわけでなく、SNS疲れを感じているユーザーもいるということ。

これは別に特別なことではありません。

今でも人気のある

・メルマガ
・ブログ

という「ネットサービス」も、同じ様に疲れてやめてしまうユーザーが沢山います。

もうね、書くのを辞めない人のほうが圧倒的に少ないわけです。
引用:ブログを続けられる人は極僅か。書き続けることさえ出来れば、アクセス数や広告収入は右肩あがりで増えていくのかもしれません。

最近でもブログを続ける事に関するブログ記事が書かれることも多くあります。

・2014-08-18ブログが続かない理由~読み手として書き手として

・2014-08-22ブログを書き続けることについて

ダイエットでもなんでもそうですが、継続する事・・・永遠のテーマなのかもれませんね。

始めるのは簡単、続けるのが難しい

分っていることですが、そういうことなんです。

どのように利用するのか?ではなく、どのように利用し続けるのか?という考え方が、目標へと向かう考え方だと思います。

メルマガにはメルマガの、ブログにはブログの継続できた使い方があったと思います。そう考えればソーシャルメディアにはソーシャルメディアの継続できる為の使い方があるはず。

継続出来ている人は何をしているのか?

ただ始めるということだけでなく、過去のネットサービスで上手く活用出来ている人の使い方をチェックしてそこから学んでみることも重要だと思います。

そこで冒頭のLINEは何をしたのか?

ただ良いサービスを提供したから上手くいったのか?と考えるだけでなく、実際に何をしたのかを調べてみると

サービスインしてから、マーケティング施策で大変だったことは何ですか?

矢嶋氏:最初は自分が「LINE」を使っていても、周りの人が使っていないという状況でしたので100万人に行くまでが大変で、当初はプレスリリースやTwitter、FacebookなどでのPR活動に加え、スマートフォンアドネットワークなどオンライン広告を強化していました。

引用:Vol.4 「LINE」大ヒットの裏側に徹底的なマーケティングリサーチ ヒットの理由に迫る

実際には広告を出して、認知度を高めてユーザーを獲得する作業もしていたんですね。

良いサービスだから勝手にユーザーが増えるということはなく、「100万人行くまでが大変」という矢嶋氏の言葉どおりで、スタートが一番労力がかかります。

その部分をどのようにしたのか?

・Twitter
・Facebook

などの、類似したサービスにも広告を出して、ユーザー認知を高めています。

同じソーシャルメディアを使って楽しんでいるユーザーへ、LINEの存在を知らせ利用してもらうことで、利用者を増やしそこから拡散して増やす*。

*電話帳の同期など問題は色々とありますが、その部分については今回は触れません。

大好きな人と出会う

LINEが継続できる事業になる為に何をしたのか?

「大好きな人に出会う仕組み」

LINEを多くの人に使ってもらえるようにするためには、ソーシャルメディアが大好きな人と出会うことが1つの方法であったと考えるのであれば、ライバルに広告してでも知ってもらうという事が必要だったと考えられます。

良いサービスや商品を提供するだけでなく、大好きな人と出会うこと。

盛り上がる行為は、どこかで頭打ちになって盛り下がる場所が出てきます。盛り上がる/下がるを考えるのではなく、大好きだと行ってくれる人と出会う為に何をするか?

あなたの事を大好きと行ってくれる人が増えれば、楽しさも増えていくはず。これが継続できる1つの方法であれば、あなたは、どのように大好きな人と出会うか考えてみるのも大事なことではないでしょうか。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします

▲ このページのトップへ