header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャルメディアは誰のもの? いただきますカンパニーさんから学ぶ【地方からのソーシャルメディア活用】


ゴールドラッシュ 帯広 坂東農場 トウモロコシ畑

芽室にある坂東農場さんで行なわれた、いただきますカンパニー様のイベントに参加してきました。

内容は動画の通りで「とうもろこしをそのままもいで食べる」

・生で食べ
・茹でて食べる。

という、とうもろこし三昧のイベント。

ゴールドラッシュとうもろこし

当然参加者の方は、食べてばかりではありません!

・写真を撮る
・ビデオをまわす
・ソーシャルメディアに投稿する。

など、参加者も情報発信しています。

そして、このイベントを主催している【いただきますカンパニーさん】も情報発信に、Facebookを活用しています。

Facebookページがあるだけでなく、参加すると参加賞がその場でもらえるいただきますフォトコンテストというイベントページもあります。

実際にイベントページを見てみると、参加された方からの動画や写真がアップされ、子どもから大人まで楽しんでます。また、菜の花のイベント写真もあったりと、十勝の自然/食の今を参加者の人にも投稿してもらい巻き込むイベントは、定期的にチェックしたくなります。

デジタルカメラ、ビデオ、スマートフォンなど、参加者も情報発信出来る時代です。

特にスマホは農場でも繋がるため、リアルタイムに情報発信してもらうことができます。その場で体験したことは、その場で発信したくなります。

イベントページを作っておく事で、情報発信する場所を参加者の方に提供すれば、情報発信してくれる可能性も高くなります。

1人で発信するよりも、2人、お客様を巻き込んだ情報発信の方が、多くの人へ情報を届ける/見つけられることになるのはイメージできますよね。

1人でやらない。
巻き込む情報発信。

ソーシャルメディアは誰のものか?をイメージして、巻き込む使い方をしてみるのも1つの方法ですね!

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ