header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャルメディアで応援した結果・・・どうなった?【facebook、Twitter、LINE、Google+、YouTube活用法】

グラフ

2009年からソーシャルメディアを本格的に活用し始めて「応援する使い方」というものに出会い、現在までその使い方を実践してみました。

ツイッターやFacebookなどのソーシャルメディアを使って、周りのユーザーを応援した結果どうなったと思いますか?

僕が実践した結果は、応援が応援を呼び、自分の為のビジネス活用の応援に繋がったということ。

リアルなビジネスに繋がっただけでなく、Googleの著者情報やホームページ/ブログへのアクセス/SEOなど、間接的なビジネス活用にもつながるという結果にも。

自分の事ではなく周りのユーザーを応援したのに「結果は自分に返ってきた」というのはどうしてなのか?と考えてみると、これってよく考えてみれば当たり前のことなのですが、実践してみて実感することができました。

人を応援すると自分にもプラスになる理由とは?

ソーシャルメディアを使ってビジネス活用したいのであれば、ソーシャルメディアが大好きなユーザーと繋がることが活用する為には重要なことだということはイメージできます。

ソーシャルメディアが大好きな人が自分の周りに沢山いれば、あなたの情報を多くのソーシャルメディアのユーザーリーチさせることが可能です。

反対にソーシャルメディアが嫌いな人があなたの周りに多かったら?

嫌いなワケですから、日常からソーシャルメディアを使いませんし、その周りにはソーシャルメディア好きが集まってくることもないことから、そこに一生懸命情報発信しても、情報は届かないこともイメージできます。

だからこそ、あなたの周りにいる「ソーシャルメディアが大好きな人」を見つけること。そして繋がることをすることが、あなたがソーシャルメディアの活用ができる場所になっていくのです。

僕自身ソーシャルメディアのビジネス活用について、全国でお話させていただく機会をいただいております。なぜ出来るのか?

答えは簡単です。

ソーシャルメディアが大好きな人達がそこにいるから。そして【ずっと】ソーシャルメディアが大好きな人達であるから。

【ずっと】という継続が大事で、好きであることが継続できなければ、次は無いのです。だからこそ、僕自身が楽しむだけでなく、参加していただいたご縁のあった人達に【もっと】ソーシャルメディアが大好きになってもらえるように努力すること。

僕がやるべきことは、良い情報を持ってくることや為になることを話すだけでなく、【もっと】ソーシャルメディアが大好きになってもらうこと。を一生懸命やるということだと思います。

皆さんのビジネスや仕事に置き換えてみるのも良いかもしれません。ソーシャルメディアを使って良い商品やサービス、情報を提供して満足していませんか?

大好きな人と出会っていますか?

そのご縁のあったお客様があなたが提案する事を【もっと】好きになる為になにをすべきか?を考えること。

大好きな人と出会っていますか?
【もっと】大好きになることしていますか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ