header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【ポイント】Twitterミュート機能、一番気を付けるべき事とは?

Twitterのミュート機能

Twitterにミュート機能が付く。ということで、具体的にどのようなことになるのか?をTwitterのヘルプの画面からチェックしてみました。

ミュートは特定のユーザーのツイートをタイムラインで非表示にできる機能です。Twitterユーザーをミュートにした場合、そのユーザーのコンテンツが表示されなくなり、そのユーザーからのプッシュ通知やSMS通知を受け取らなくなります。

引用:Twitterユーザーのミュート

ブロックやフォローを外すというものとは違い、その特定のユーザーのツイートを自分のタイムライン上に表示させないようにする機能ということが書かれています。

ミュート機能を使うのも簡単で、プロフィールページから設定アイコン→ミュートと進めば、そのユーザーのツイートをミューとさせることができる。

反対に、ミュート機能を停止するのはどうやってやるのか?
ここがポイントです。

Twitterミュート機能解除

赤いミュートアイコンをクリックしてミュートを解除するというのが解除方法ですが、ここで気をつけたいことがあります。

ミュート機能を使うことはあるかもしれませんが、そのミュート機能を使っているのを【忘れてしまったら】どうなるか?

特定のユーザーをミュートにしたかどうかを確認するにはどうしたらいいですか?
ミュートにしたユーザーのプロフィールにアクセスすると、赤いミュートアイコンが表示されます。

引用:Twitterユーザーのミュート

ヘルプを見ても、ミュートしているかどうか?を確認するには、そのミュートしたユーザーのプロフィールへアクセスしないと分らないようだ。

見えなくなるワケですから、それ=ミュート機能を使ったことが忘れやすくなると思いませんか。忘れられてしまったら、ずっとツイートが表示されないままのフォロー関係が続くようになります。

バージョンアップによって変更されるか/この機能が削除されるまで、このような事が発生し続けるわけです。

フォローしている人が多い人ほどタイムラインに沢山の人のツイートが表示される訳ですから、ミュート機能を使ったことを忘れてしまうユーザーが出てきてしまう。このような関係になってしまうユーザーが増えること。ここが一番気を付けたいところ。

そこで「リスト機能」を使って、このミュートしたユーザーをリストに入れておくなどしておいて、定期的にチェックすることで、【いつミュートを外すのか?】を考える事が必要ではないでしょうか。

見なかった事にする。というスルー力もソーシャルメディアには必要ですが、見なかった事にし続けること。は、ソーシャルメディアの活用にはもったいない行為。

現段階ではこのTwitterのミュート機能が使える人/使えない人がいるようですが、段階的にアップデートされていくようです。

このような機能があることを理解して、ソーシャル疲れ、本来のあなたが使いたいソーシャルメディアの使い方をして目標達成させたいですよね。

このミュート機能、Twitterでの利用のされ方によっては、FacebookやGoogle+、LINEなどの他のSNSにも導入/実装される機能になるかもしれません。

そうなった場合、Twitterで起きたことが他のSNSでも同じことが発生するかもしれません。だからこそTwitterのミュート機能、チェックしておく必要がありそうです。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ