header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

Google 著者情報、オーサーランクの為に【今するべきこと】

Google「バックリンクの重要性は薄れる」今後は著者オーソリティやコンテンツ分析へ

Googleのマットカッツ氏の動画「Will backlinks lose their importance in ranking?」が、色々な所で取り上げられている。

たった2分の動画であるが、その内容を簡単に説明すると、ホームページの分析の方法が変わるというもの。バックリンクと呼ばれるリンクの価値が下がり、誰がその記事を書いたのか?をGoogleは注目し、検索結果の順位決定に導入していくという内容。

詳しくは、この記事Google「バックリンクの重要性は薄れる」今後は著者オーソリティやコンテンツ分析へをチェックしてください。

このようなホームページ/ブログのサイト分析になるということは、以前から言われていたことなので「ようやく」という感じなのですが、その兆候は以前からありました。

今年の2月にそのような記事がアップされていたこと。僕自身も「ソーシャルメディアの未来予測、展望」というブログ記事の中で紹介しています。

そしてもう1つ、Google SPYWの実装。GoogleSPYWとういのはパーソナライズド検索と呼ばれるもので、既に日本語版にも導入されたもようで、この内容に関してもブログの記事として書いている。

【使い方】Google SPYW (Search Plus Your World) :パーソナライズド検索
【使うべき?】Google SPYW (Search Plus Your World) :パーソナライズド検索

パーソナライズド検索のデータが利用されれば、誰が書いたのか?という「著者部分
のデータを取得する事も少しは可能になると考えれば、以上の記事が出ていたことが、今回の動画の内容が発表されるのは当然の流れかもしれません。

いつも書いていることですが、運営会社を味方に付けること。これをすればその領域の中での結果を出しやすくなるという傾向があります。

だからこそ、誰が書いたのか?という分析を進めていくという方向性を打ち出したGoogle、それを準備したホームページ運営をすれば、Googleから良い評価を得ることができると予測することができます。

だからこそ、ホームページやブログを運営することにも気を配ることが、これからのホームページ/ブログの価値を上げるためには大事なこと。

記事を更新することも重要ですが、

・記事の投稿方法
・サイトの設定
・プラグインの導入

などサイト運営の見直すべき内容は沢山あります。Googleからの情報をチェックして今やっておくべきを確認しGoogleを味方に付けるホームページ/ブログ運営をしていきましょう。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ