header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

「ソーシャル疲れ」「イタい投稿あるある」などの記事に共通すること。

Facebook、Twitter疲れが増えている?? SNSの裏の人間関係4つの本音

ソーシャル疲れする。であったり、イタい投稿ランキングなどの項目で「あるある」と思わずうなずいてしまうことありませんか?

言われてみるとそのように思いがちですが、書いてあることをそのまま読むのではなく、違うものの見方をしてみるのはいかがでしょうか?

記事が間違っているとか、投稿がおかしいというのではなく、それ以外のモノの見方をして自身のソーシャルメディアの使い方/考え方にアイデアをもらうという提案です。

今回「Facebook、Twitter疲れが増えている?? SNSの裏の人間関係4つの本音」という記事がありましたので、これを参考にして考えてみたいと思います。

実際の会話がつまらなくなった。
返事が面倒くさい
知りたくない情報まで見えちゃった。
SNSのために生活している

SNSをやっていればそう感じることもありますが、これを以下のように変えてみてはいかがでしょうか?

1)実際の会話がつまらなくなった。

次回会話をする時、その続きのネタを仕入れておいてビックリさせよう。

2)返事が面倒くさい

返事がもらえる使い方、返事したくなる投稿はどんなのだったか?自分に当てはめて考え投稿してみよう

*以下3、4参照

3)知りたくない情報まで見えちゃった。
自分はそういう使い方はしない。と使い方を教えてもらったと考える。もしくは、期待する使い方ではなく、相手を応援する使い方で見え方を変える使い方をしてみよう。

4)SNSのために生活している

共感する投稿をシェアしたりコメントをいれて盛り上げて、自分と同じスタイルの人とつながってみよう。

「ソーシャル疲れ」「イタい投稿あるある」などの記事のほとんどは、社会生活を送っていても同じ様な事はあって、それをリアル社会ではどのように対処しているか?を考えれば、ソーシャルメディアも同じように対処するればできる事は沢山あって、特別というものではありません。

当然ソーシャルメディアによって出てきた問題もありますが、ソーシャルメディアの問題を特別視するというよりも、他の事例ではどうなのか?過去の歴史からみるとどうであるのか?という違う視点で考えてみると、複雑に考えなくても対処できることも多くあるのではないでしょうか。 

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ