header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【コメントスパム考】ソーシャルメディアで監視されている?

google+コメントスパム

ソーシャルメディア上のでコミュニケーションはいつくあるか?知っていますか?

1.投稿にコメント
2.コメントボックスにコメント

人と人がコミュニケーションするという意味ではこの2つの方法で対話するようになっていますが、実はもう1つ、三つ目のコミュニケーションがあるのです。

3.システムの検閲

実は投稿される内容は、システムのチェックを受けて表示したりしているようです。FacebookやGoogleでもチェックされているという記事が書かれています。

実はこの三つ目のコミュニケーションが見落とされがちなのが「ソーシャルメディア」。いつも話している通りですが、システムは無料ですが、運営会社のシステムを間借りして利用しています。

つまり、運営会社のルールに従って利用しなければならない。ということです。

言葉に対するチェックは、厳しいし、優秀だ。

こちらの投稿は、広告を出したが出させてもらえなかった記事。

広告を出して問題をFacebook側に指摘された。

引用:Facebookの投稿は、文字が解析されタイムラインにどれくらい表示させられるか調整されている。

ここからは、僕の推測なんです。今回僕のブログに、アンカーテキスト関連として大量の「お〇ぱ〇」「ち〇〇ん」という言葉とともに被リンクを受けました。それによりGoogleアルゴリズムは、僕のブログのことをアダルトサイトと認識した(もしくは疑いをかけられた)のではないかと思います。アダルトサイトとされたものが、Googleの検索結果の上位になれるはずがありませんよね…。

引用:ブログPV数88%激減…開設3ヶ月半、順調に伸びたPVが「ある記事」の投稿をきっかけに一瞬でなくなってしまった原因

ソーシャルメディアは人と人がするもの。というイメージで捉えがちですが、実はシステムからもチェックされているという事も忘れてはならないと思います。

Facebookであれ、Twitterであれ、LINE、それ以外のソーシャルメディアでも同じように考えることができますよね。

google+コメントスパム

著者情報というgoogle+を使った機能があると考えれば、このようにスパム判定を受けているアカウントの利用者は、どのようにシステムから見られているのか?

あなたのソーシャルメディアでの日頃の行動は、システムから見られて解析されているという見方でソーシャルメディアをどのように使うのか?を考えることもこれからは必要ではないかと考えます。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ