header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャルメディアのビジネス活用は「今」からが面白くなる時代

スマートフォン笑顔

ソーシャルメディアが面白くなくなった
ソーシャルメディアが使いづらくなった

こういう声や記事を見る事が最近多くなったが、本当はここから「今」からが面白くなる時代だと思います。
ソーシャルメディアのビジネス活用という話で言えば、これからがよりマネタイズできる使い方が容易になると僕はイメージしています。

その理由は、先日発表された総務省の調査データ。

スマートフォンの利用率は全体で52.8%と昨年度から20ポイント増加し、過半数を超えた。最も利用が伸びたのは40代で、28.8%から58.8%に上昇している。

メッセージアプリやSNSの普及を受け、10~20代の若年層のコミュニケーション手段としてソーシャルメディアが占める割合がメールより高くなった。

引用:スマホ利用率が初めて過半数に 若年層のコミュニケーションはメールからSNSへ 総務省調査

ソーシャルメディア利用者に多いスマートフォン。この利用率が50%を超えたことや、若年層ではありますが、メールよりもソーシャルメディアを利用する割合が多くなっているということで、メールの利用だけでなく、ソーシャルメディアの利用もしていかなければ、情報がリーチしないという事態もこれからありうるのではないでしょうか。

このように今回発表された総務省の情報をみれば、ソーシャルメディアがより社会の1つの情報ツールとして根付いているようです。

冒頭に述べた様な、ソーシャルメディアが面白くない。というのがこれからのソーシャルメディアではなく、ソーシャルメディアが面白くなる。というのが、これからではないでしょうか?

ビジネス活用もより活発になり、さらに多くの成功事例が出てくることでしょう。そう考えれば、今からしっかりとしたソーシャルメディアの活用しておくことが大事であると思います。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ