header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【ソーシャルメディアを味方にする使い方】Twitter活用する長所と短所

Twitterログイン画面

Twitter が iOS版の公式アプリをv6.3にアップデートしました。更新点の説明は「画像の共有やアップロードの機能を拡大しました」。

具体的には1ツイートにつき4枚までの画像を添付できるようになったり、画像に含まれている人物を10人までタグ付けできるなど、大きな仕様変更に対応しています。

引用:Twitterが1ツイートに4枚までの写真添付や人物のタグ付けに対応。プライバシー設定も追加

Twitterの140文字という短い投稿の仕組み、これを長所と考える人もいれば、掲載できる情報の量が少ないと短所と捉えるユーザーもいます。

もともとは、写真を投稿することも出来なかった(他のサイトを利用することで可能だった)Twitterが今回のバージョンアップによって、

・写真は4枚まで
・画像にタグ付け(10人まで)

という、Google+やFacebookといった投稿スタイルに近いものになりました。

このバージョンアップを、あなたは、Twitterの長所と考えるか/短所と考える。どちらですか?

今までの使い方が心地よかった人で、この投稿方法に違和感を感じる人は「短所」、Google+やFacebookなどのSNSを使っていて、それをTwitterにもと考えている人には「長所」と考えるのでは?と考えています。

長所も短所もある。というのがバージョンアップであり、ユーザーだけの思いがバージョンアップにつながるものではない。という話は前のブログでも書いたとおり。

Twitter社のこれからのツイッターの戦略イメージも含まれた「バージョンアップ」なのです。

Twitter社がどのように使って欲しいのか?

それを知るためには、まずは使ってみる。どのように表示されるのか?を確認するというのが大事だと思います。

そしてこのバージョンアップを、あなたにとっての長所になる使い方を見つけること。

ツイッターをあなたの味方にすれば、Twitterの活用、ビジネス活用がやりやすくなり結果へ繋がるようになるのではないでしょうか。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ