header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【LinkedInが検索結果に上位表示】Facebook、Goolge+、Twitter、Youtube以外にSEOに有効なソーシャルメディア

linkedin検索結果

ソーシャルメディアは、Facebook、Goolge+、Twitter、Youtube、LINE以外にも、LinkedInという有名なSNSがあります。

つい先日、自己紹介の重要性についてブログ記事にかきました。また、ソーシャルメディアとSEO、検索エンジン対策との関係性にも触れました。

実は、このLinkedInというサービス「あるキーワード」での検索結果に上位表示しやすいのです。

そのあるキーワードとは?

あなたの名前です。

LinkedInのプロフィールページは、あなたの名前をオンラインで検索した時に一番上かそれに近いくらい上位に表示されることも多いです。つまり、あなたの経歴を語る上で、もっとも重要なものの1つだと言えるでしょう。

引用:経歴はストーリーで語るべし。ソーシャルメディア専門家が語るLinkdIn活用術

実際に調べてみると・・・

実際に自分の名前を入れて検索してみました。
それが、上記の検索結果の画像です。

普通に検索してみると、Facebook、Goolge+、Twitter、Youtube、の次に「LinkedIn」の検索結果が表示されました。

皆さんはいかがでしょうか?

LinkedInのアカウントをお持ちの方であれば、検索結果の1ページ目に表示されているという方結構多いのではないでしょうか。

あなたの事を知りたい人がいる

もしGoogleで「あなたの名前」を入れて検索されることを想像してみましょう。検索される、つまり、あなたの事を知りたいという人がいること。

出会いはソーシャルメディア上のあなたの投稿からかもしれません。名刺交換したことからかも知れません。人は商品やサービスだけを知るために、検索を使うだけでなく「人」を知るためにも検索を使う場合があります。

そう考えれば、検索の1ページ目に出てくるLinkedInというサービスも、ちゃんと設定/登録しておく必要があると思いませんか?

経歴はストーリーで語るべし。ソーシャルメディア専門家が語るLinkdIn活用術に、生き生きとしたプロフィールの書き方が掲載されています。

また、先日ブログ記事に書いた「自己紹介は、なぜソーシャルメディアのビジネス活用に必要か?」も合わせてお読みください。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ