header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャルメディアの未来予測、展望

ソーシャルメディアでビジネスチャンスを作る

ソーシャルメディアの未来はどうなるのか?

私たち利用者がもっと活用しやすいように、よりよい生活に便利になるようになれば嬉しいですよね。

利用者がどんなSNSを利用するか?どういう機能を必要としているか?というユーザーの声を聞いてそれを反映してくれたりするとは思いますが、私たち利用者側だけでなく、運営側の意図も反映されることは間違いないと思います。

優れたインターネット検索エンジンを構築する上で、少なくとも実現することで全体品質の改善に貢献する指標として、(1) ページの内容についての分析、(2) ページの社会的評価についての分析、(3) ページの書き手についての分析 の3つが挙げられる。

(1) は1990年代から行われてきたコンテンツの分析、「ページが何について記述されているか」をコンピュータで解析することだ。
(2) は PageRank に代表されるリンク分析や、最近であれば Twitter や Facebook などのソーシャルメディアにおける言及や評価(≒ソーシャルシグナル)が挙げられる。
(3) 著者による品質推定だ。

引用:Google がバックリンクを用いて検索の関連性を判断している理由

Googleが全体品質の改善に貢献する指標として、ソーシャルメディアでの言及や評価も含めるという記事がアップされていました。

ソーシャルメディアは、パーソナルメディアとして個人と個人が利用するものというイメージがありますが、もしこの記事が当たり前の時代になってきたら、どうなると思いますか?

ソーシャルメディアに流れる情報は、よりビジネスとして利用する/されるようになります。

それは人によっては良いものだったり、人によっては不快なものだったり、現在よりもよりそうなるのではないでしょうか。

ソーシャルメディアのこれから/未来は、私たち利用者だけの思惑だけでなく、運営側の思惑もあって作られていくことでしょう。

この運営側の未来に対する考え方を知ろうというのであれば、今までの行動/結果を見てみれば、どのようにしてきたかがを知る事。大事ではないでしょうか。

そういうソーシャルメディアの見方をすることで、ソーシャルメディア疲れ、ソーシャル疲れなく、ソーシャルメディアをより活用できるようになるのではないでhそうか。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ