header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

【何をマネをすればウマくいく?】ソーシャルメディアのビジネス投稿の仕方

【マネをすればウマくいく】コピー機

ソーシャルメディアのビジネス活用で結果を出したいなら、ウマく投稿している人のマネをするのが一番です。これは当たり前のように言われていること。

しかし、どこからマネをすればよいのかが悩みどころだと思います。

答えは、Facebookでウマく投稿したいならFacebook上での投稿をチェックするべきですし、TwitterならTwitter上でという様に、答えはそのソーシャルメディア上にあります。

この部分に関しても同じように色々な所で言われていること。

そこで今回チェックしてほしいのが、以下の事。

何を基準にマネすべき投稿を判断してますか?

いいね!やコメントの数で判断していませんか?それはそれで1つの指標にはなるかもしれませんが、それが全てではありません。

その理由は、人は人それぞれ。何に共感したり反応したりするポイントが違うからです。

歌が上手いだけでは売れるとは限らない。

あなたはどの投稿に共感しましたか? 数にこだわる前にあなたが良いと思う投稿を探してみましょう。そこに1つの答えがあるのではないでしょうか。

その投稿に集まってくる人は「あなたと同じ様な考え方/モノの見方をする人」ではないでしょうか。この同じ価値観を持っている人と多く出会うことができれば、いいね!やコメントなどの数も増えるイメージができると思います。

歌が上手いだけではない。その歌が好きな人たちといかに出会うか?

良い内容の投稿をするだけではないという事が分りますよね。誰にその投稿を見てもらうか?というのも大事である事が分ります。

上手くビジネス活用できている人の投稿を見てみると「継続」も1つの傾向です。ウマくいっているからこそ「継続」するんですよね。ウマくいかないのなら止めていると思いませんか?

つまり、見て欲しい人に投稿を見てもらう為には、継続した投稿をしているということ。1回の投稿が全てではなく、継続した投稿が結果を1つ生み、それが次へと結果を生み出し続けます。

あなたが利用したいソーシャルメディアでは、どのように使われているか?この二つのポイントチェックしてみてください。

全てのSNSが同じではありません。その1つ1つにクセがあってそれを知ることで、自分の利用すべきソーシャルメディアが見つけられる事もあります。

今流行っているからではなく、まずは、マネができる人を見つけること。

このようなソーシャルメディアの投稿の見方も、ソーシャルメディア上でビジネス活用ができるようになる1つのモノの見方ではないでしょうか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ