header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

今試されるソーシャルメディア

色々な所で、メディアで色々な意見が見られるようになった。
特に震災後、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアの情報の流れをみると、今までとは考えられないほどの、情報過多の状態だ。

ソーシャルメディアは、リアルタイムな媒体であるため、流される情報には、正しい内容・一部正しい、間違い、ウソ、があって、それを見抜く力が必要とされている。

今、ソーシャルメディアが試されている。と僕は思う。

ソーシャルメディアには、リアルタイム以外にもう一つ大きな魅力がある。

・参加者1人1人がメディアである

ということ。

1人1人が情報発信するということは、時として良かれと思って行動したことも、マイナスな結果を生む場合が有るかもしれない。

僕は、それはそれでいいと思う。 

その行動や発言をすることが、重要だと思うから。 

情報統制を、情報規制をするべきだ。という人もいるだろう。でも誰がそれを決めるのだろう。また決められるのだろう。

情報に間違いがあれば、間違いだったと受け入れ訂正し、それを発言すればいいのではないだろうか。

今ソーシャルメディアが試されている。

規制や統制により、発言や行動が少なくなる方が問題だと思う。

色々あって当たり前、それがソーシャルメディアだと僕は考える。

規制や統制よりも、

情報を見抜く力

が、ソーシャルメディアには重要で、僕はこの見抜く力を伝えていきたいと思う。

特にプライバシー設定問題についても
同じ事が言えると思います。

相手の事をどういう言う前に、
自分ができることをすべきではないでしょうか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ