header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

google+の著者情報を検索結果でチェックした結果・・・分った事

著者登録 google+

検索結果内の著者情報とは、現在、優れたコンテンツを見つけやすくするため、検索結果に著者情報を表示する機能を導入しています。

引用先https://support.google.com/webmasters/answer/1408986?hl=ja

Googleの著者情報の検索結果の表示に変化が出たとのことで、実際にチェックしてみると著者のアイコンが表示される場合とされない場合がありました。

表示されない結果が増えた分、表示される結果が目立つようになりました。そこで気になる記事をクリックしたところ、あれ??と思う記事がちらほらあるのです。

そこで、調べて見た結果*あることが分りました。この著者情報を設定する際の注意事項として記載しておこうと思います。*あえてそのサイトは記載しません。

色々な人の著者情報のリンクを調べてみると、実際にその人が書いていないにも関わらず、著者情報がその人になっている場合の表示が見受けられました。

どういう場合に上記の表示になるかというと、「複数の著者で運営されているサイトの著者情報が、そのサイトの運営者に全てなっている」場合にみられるようです。

ブログの記事が複数人に書かれた記事でも、著者情報として表示されるのは「そのサイト運営者」となっている場合があります。

著者情報を表示するサイトの記事ソースを見てみると、ワードプレスでseoのプラグインなどで一括登録して著者情報を入れている場合にもこのような状況になるようです。

このような検索結果への表示に関して、どこかでGoogle側も対応はしてくると思いますが、検索結果から記事を読みにくるユーザーも、記事を書いた著者にも誤解がないようにしておきたいものです。

チェック方法は、著者情報が出てきた「記事タイトル」を、そのままgoogle検索するだけ。

複数の著者で運営しているサイトで、著者情報をリンクさせている人は一度チェックした方が良いかもしれませんね。

著者情報 Google+ 検索結果に表示になぜさせるのか?

ただ投稿するのではなく、ソーシャルメディアを運営する会社がどのような投稿や使い方を望んでいるか?を考えて利用することが、これからのソーシャルメディアのビジネス活用には必要になると考えるからこそ、Google+の著者情報もやっておくべきだと考えます。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ