header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

運営会社を味方につけるソーシャルメディアの使い方

sociallogo

ソーシャルメディアの使い方は様々、どの使い方をしても良いと思いますが、今回のブログ記事のタイトル「運営会社を味方につけるソーシャルメディアの使い方」を考えたことはありますか?

ただ投稿するのではなく、ソーシャルメディアを運営する会社がどのような投稿や使い方を望んでいるか?を考えて利用するというのが「運営会社を味方につけるソーシャルメディアの使い方」です。

色々なサイトとブログでソーシャルメディアの情報が書かれていますが、

Facebookの投稿は、文字が解析されタイムラインにどれくらい表示させられるか調整されている。
attrip.jp/121994/

ビデオリサーチ 「Twitter TV指標」提供に関し、Twitter社との協業に合意
– ツイートの到達を示す「インプレッション指標」などを独占提供 –

www.videor.co.jp/press/2013/131210.htm

Google、著者情報の写真を検索結果に表示しない措置を実行。15%程度が消滅か?
www.suzukikenichi.com/blog/authorship-with-no-picture/

といった、主要ソーシャルメディア(facebook twitter google+)に、いろいろな変化がみられるようになってきました。

また、反対のことも

「mixiモール」に関するお知らせ
mixi.co.jp/press/2013/1220/12098/

ソーシャルメディアも常に変化しています。その変化に対応する為にも各社が何を求めているのか?を知っておくことにアンテナを張っておきたいものです。

ソーシャルメディア上でのコンテンツも、ただ投稿すれば良いという時代でなくなってきています。それぞれが何を求めているのか?を理解しそれに合わせた使い方をするのもこれからのソーシャルメディアのビジネス活用には重要な事柄になるのではないでしょうか。

Googleの著者情報の設置については以下のページを参照してください。

ウェブマスター ツール:検索結果内の著者情報
support.google.com/webmasters/answer/1408986?hl=ja

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ